スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

園芸色彩学 (岐阜県立国際園芸アカデミー)

10月1日 岐阜の国際園芸アカデミーで授業でした。

この園芸学校は、県立の園芸専門の専修学校です。




アカデミー小 



2004年の開校時より、”園芸の為のカラーコーディネート” の授業を担当させていただいています。


自然あふれる高原の中のまるでペンションのような校舎で
とても環境の良いところ

同じく岐阜県可児市には、バラ園で有名な花フェスタ記念公園もあります


アカデミー花壇 





10月2日の1日目は、
色彩の基礎をおこないました。
2コマ連続の授業です。


色とはそもそも、なあに?
綺麗な配色のポイントは、どうすれば良いの?


そして、
どうして、なぜ園芸に色彩が大切なのか。

今の時代背景、園芸業界の課題、
花のもっている力、価値などとともに、
これから、希望の園芸の仕事につこうと目をキラキラさせる学生の皆さんに
園芸の夢のあるステキな部分、、、そして厳しい現実、、、両面をおつたえしました。

色彩は、この両面のへだたりを小さくする一つの解だと思っています!



以前は、装飾の授業の中に、色彩の授業を数コマ
いれていただいていたのですが、
昨年から、” 園芸色彩学 ”という授業名を
つけていただけました。

このことは、私にとっては、とても意味のあることで
大きな一歩だと思っています。

( 専任講師の吉田先生のおかげです。
ありがとうございます )







モノごころついた頃から、植物の色が好きで、
小学生の頃から
農学部にいきたい、と思っていました。
そして、期待に胸ふくらませ、農学部へ進学しました。

が、、、、、、

学校で学ぶことは、
肥料、育種、害虫など ” 育てる ”ことばかりで、
色彩の授業をはじめ、
”飾る、楽しむ”ということを学ぶ授業は
何一つありませんでした


何か違うなあ・・・・と、当時も思っていました。。。


今も教育の現場はあまり変わっていないと思います。



あれからかなりの年月が流れ、
初心を貫き、無いなら、じゃあ自分で創ろう!と、
「 フラワーカラーリスト 」の肩書きで、
花の色に特化した仕事を、一歩一歩ですが、
模索し、紆余曲折しながらもなんとか、続けてきました!



この10年間、生産者の方や、花業界の方に
色彩の話をさせていただいていますが、
もし、学校の授業にあたりまえに色彩の授業があれば、
色彩は、園芸に必要なことという認識を
誰もが普通にもてるのではないかと、
痛感しています。


特に、男性は
色のことは、わからないから・・・
と、苦手な方が多いです


女性は、皆さん色に興味のある方が多いのです。


これは、性差、脳の構造が違うので、仕方ないことですが、
生産、売店ともに経営者、バイヤー、花に関わる
キーマンは、男性が多いので、
是非とも、男性の皆さんに
色彩に興味をもっていただきたい。




お花を買うのは、大半が女性ですからね。
女性のココロを、知るには、色は重要なポイントですよ




やはり、教育の現場(農業高校、園芸に関わる学科)には、
色彩の授業は必須だと思います。





ケイトウ1 


↑  ポットの色を変えるだけで、見栄えやイメージが随分変わります

あなたなら、何色を選びますか?





やっぱり、花の魅力は、色抜きに語れません。
花は太古の昔から美の象徴です。



どう見せたら、本来の美しさをそこねず、
又、より美しく見せるには、どうしたらいいのかな・・・と
常に考える癖は、大切ですからね



国際園芸アカデミーの
学生さん達も、この授業で、色の面白さや
可能性を、何か感じ取って、是非とも将来の夢に役立てて欲しいと思います!!



花屋さんやガーデンデザインだけでなく、生産者の方こそ、これからは、
色やセンスは、とっても大きな経営資源なりますからね。
がんばりましょう




授業は、まだまだ、続きまーす!!








スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

  haruko rose 

Author:  haruko rose 
* * * * *


花・色・デザイン研究所代表 
フラワーカラーリスト
フラワーカラーコーディネーターのパイオニア




ものごころついた時から、植物が大好きでした。
今も小さい頃のワクワクした気持ちを忘れずに、花の魅力を1人でも多くの方にお伝えしたく、日々花に関わる毎日です。

特に、花の色彩の心理的効果に興味をもっています。

「バラの花色と花型によるイメージ分類の研究」を通し、数多くのバラと向き合い、どんどんバラの魅力にはまっています。

気になるバラであなたのココロを映しだす・・そんな 「バラ診断」 により、なりたい自分になる、輝ける自分になれる、そんな明るい未来のきかっけ作りのお手伝いをしています。



一輪のバラで、happy colorful life !

 


* * * * *


花・色・デザイン研究所
http://www.h2.dion.ne.jp/~nonoha/


* * * * *

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。